上手な花の選び方|誕生日にサプライズ!驚きと感動を与えるプレゼント大作戦|PRESENT-NAVI

大阪の花屋でも人気!女性に喜ばれるフラワーギフトを選ぼう

女性に喜ばれる花の種類ランキング

no.1

その人ゆかりの花を選びたい誕生花のプレゼント

花にも流行があります。ここでは「女性」「ギフト」をキーワードにした、人気のギフトフラワーをご紹介しましょう。

品種改良や栽培技術によって年中購入が可能なものもありますが、やはりその季節に咲く花が一番美しいものです。また誕生日のプレゼントの花を選ぶときは、贈る相手の誕生日などにちなんだ花が喜ばれるようです。誕生花は複数あるときもありますので、事前にリサーチし、複数あるときは、贈る相手の好みに合わせて種類や色を選びましょう。その花を選んだ理由をそっと伝えれば、より一層気持ちも伝わるでしょう。

no.2

華やかさが魅力!不動の人気を誇るバラ

花の贈り物として最もポピュラーなのはやはりバラでしょう。季節を問わずお花屋さんに並んでいますし、色や種類もとても豊富です。また生花だけでなく、お部屋のインテリアとして長く楽しめるプリザーブドフラワーや、バスケットや陶器の花瓶などとセットになったアートフラワーなどもあります。6月の誕生花でもあるので、6月生まれの方のフラワーギフトとしてもオススメです。なお、バラは花言葉が多く、花の色や本数などによっても違いますので、その点は注意が必要です。

no.3

母の日だけじゃない?実は多彩なカーネーション

母の日に人気のギフトフラワーと言えば、なんといってもカーネーションでしょう。日本国内の花の生産でも、バラ、キクに次ぐ生産量を誇っています。江戸時代初期にオランダから伝えられて栽培が始まったという、実は長い歴史を持つ花なのです。流通が盛んなのは5月の母の日ですが、現在はハウス栽培も行われているため、一年を通じて販売されています。

no.4

可憐さと明るさが魅力のガーベラ

花にも流行があるため、「花の人気ランキング」や「もらいたい花」「贈りたい花のランキング」も変化がありますが、必ず上位にランクインする花があります。ガーベラもそんな花の一つです。ぱっと丸く開いたその姿は鮮やかで、色もとても豊富です。花束も可愛らしいのですが、一輪挿しでも十分な存在感があります。また、ガーベラも一年を通じて購入することが可能です。

no.5

親近感のある愛らしさチューリップ

誰もが一度は育てたことがある花の代表格、チューリップ。実は日本には江戸後期には入ってきていたものの、栽培の困難さから、本格的な普及は大正時代に入ってからなのだそうです。今ではすっかり定着した誰もが知っている花ですが、色や種類も豊富です。春を告げる花の一つでもあるチューリップは、卒業や入学などのシーズンイベントの機会に贈る花束としてもぴったりです。

上手な花の選び方

花

花言葉やカラーバランスを考えて選ぼう

花を贈る際に気を付けたいのが、「花言葉」。バラのご紹介の際にも触れましたが、花言葉は、花の状態(蕾か満開か)、本数、そして色によって、同じ花でも違う意味を持つものがあります。また、ポジティブな意味だけでなく、ネガティブな意味の花言葉もあります。特に代表的なものと言えば、「黄色いバラ」の花言葉で「嫉妬」です。他にも、「黄色のカーネーション」は「軽蔑」、「ダリア」は「裏切り」とされていますので、注意したいものです。また、花束に使う花の色数が多過ぎたり、赤と紫など主張の強い色を組み合わせたりすると、まとまり感がありません。
花屋さんで花束をお願いするときは、メインとなる花の種類と色を一つか二つ決めて、アレンジをお花屋さんにお任せするといいでしょう。その際、あらかじめ予算を伝えておくのもポイントです。

大阪の花屋でオーダーできるアレンジメントがおすすめ

フラワーギフトを買う場合は、職場や自宅の最寄り駅や、配送可能な地域の花屋さんにお願いすることが多いでしょう。一方で、地域で評判のサービスやアレンジメントを行う話題のお花屋さんなども是非利用したいものです。
大阪は食い道楽が観光の目玉となるくらい飲食店が多い街です。そんな街のあちこちに、意外にもシックで大人っぽい雰囲気のお花屋さんや、ポップなディスプレイのお花屋さんが点在しています。個性的な趣味人が多い大阪という土地柄を反映してか、バラの品揃えが多いとか、ブライダルなどの装花で人気があるなど、お店によって「推し」のポイントがあるお店が多いようです。お花屋さんの特長を踏まえつつ、贈りたい人のイメージを伝えて、オーダーメイドなアレンジの花束を用意してみてはいかがでしょうか。

広告募集中